上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_081200



ようやく治ったとおもったらまたまた風邪、ひきました。
それも3度目の熱性けいれんも伴って・・・・
今回は、お熱を測って、あぁ熱すぎる、ダイアップダイアップ、、、
とまさに取りに行こうと立ち上がった瞬間。
ふらふら~っと立ち上がって追いかけようとしたトコで
プルプルプルプル・・・・ (唖然;)
とりあえず横に寝かせてトントンと背中を叩いて、とにかく冷静に見守ること数分。
多分1分程度。
さすがにもう最初の時のような驚きはないものの、
やっぱり蒼白く白目をむいて、口から泡を吹くわが子をじっと見ているのは
なんとも耐え難い時間で、とてもとても長かった。。。。

その後、ダイアップをすぐに入れるべきか否か?掛かりつけの病院に電話。
診療時間がだったので看護士さんが対応してくれました。
とりあえず入れた後、本日救急担当の総合病院へ行った方がよいとのこと。(今日は土曜の為)
眠ってしまったしなぁ、今日は誰もいないしなぁ、などなど
わたしの勝手な事情もあったのだけど、幸い本日の担当病院は
バスで20分くらいと近場だったので、意を決してすぐ病院へ・・・

富山に来てからバギーで公共の乗り物に乗ったことがなく
ちょっと不安もあったのだけど、ちょうど行き・帰りの道中は
すやすやと眠ってくれて、思った以上に楽々行けました、ホッ。

着いた頃には39.5℃もあるというのにとても元気で
先生も、少しリンパが腫れてるけど大丈夫でしょう、とのこと。
特に脳波の検査もなく、薬もなく、「え?これで大丈夫なのぉ?」と
やや不安に思うところもあったのだけど、それはまた掛かりつけの病院にて
相談することに。
思いがけない発熱にちょっと疲れたけど、大事に至らず本当によかった。


・・・その後
本日8/13(月)掛かりつけの小児科へ。
昨日一日38℃程度だったのが今朝にはすっかり下がり、病院では36.9℃。
リンパも思ったほどひどくないし、元気も食欲もあるので夏風邪でしょう、とのこと。
追加のダイアップと風邪薬をもらいました。

脳波の検査については2回以上起こした場合、
念のためした方がいいとのことなのでまた日を改めてすることに。
現在大学病院関連の小児科にお世話になっているのだけど、ここには小児用の検査装置がないとのだそう。
大学病院本院まで行くか、違う総合病院に行くか…
大学病院はちょっと遠いし今まで一度も行ったことがないので
一回目のけいれんでもお世話になり、総合的に対応がよかった日赤がとりあえずの候補。
主治医の先生も、日赤なら脳波の専門医もいることだし、とても安心!とのことなのでね。



sozai-ohana-l

そうそう、こぼれ話。

今回の事態含め、週末に救急対応して頂くこと、これで3回。
(土曜に普通にやっている小児科に、風邪程度で行った事は別)
そのうち2回は総合病院の小児科、残り1回は救急医療センター です。
実は、今回先生とあれこれ話していたわかったことなのですが、
総合病院の休日担当病院というのは、一般的に公に公表されないのだそうです。
そういえばどこにもそういった情報はない・・・・
新聞などに載っているのは救急医療センターのみ。
おそらく何も知らない人はたいて医療センターに行くことになるのでしょうね。
わたしも1回行った時というのがまさにそんな感じでしたから。

それじゃ、どうして総合病院の担当を私が知りえたかと言うと、
それは掛かりつけの病院に問い合わせり、診察に行ったから、なのです。
今回は、特に診察をしてもらって紹介状を持っていたわけではないので
とりあえずどこでも病院に聞けば誰でもわかることだと思うのですが、
いわゆる本日の救急車搬送先、というヤツがこの担当病院なのです。
ですから119に電話をしてもわかるかもしれません。

医療センターでは簡単に診察をして、一般的な病院がお休みの間の分だけ薬を処方します。
特別な検査や何かができるほどの設備や対応はありません。

これに比べて総合病院では、当たり前ですが設備も整っていますので
休日と言えどもそれ相応のことはしてくれます(病院にもよるけど・・・)
以前日赤にお世話になった時にはすぐに血液検査をしてもらい、
ウィルス感染だということがわかったんです。

ですので、あまり知られていないことだけども、
普通の状態じゃないかも・・・と心配になったら
掛かりつけの病院に電話をして、でなければどこか総合病院に電話をして
その日の担当病院を聞くのが安心かもしれません。

Comment

大変だったね
でもただの夏風邪でほんとうに良かった!
私なんか読んでるだけでハラハラして心臓が痛かったのに、uzuraraちゃんはどんなにか辛かったと思う
ほんとうに健康ってありがたいね

自分のことだけでも大変なのに、更に他の人にも経験と知識を分けてくれようと話してくれるところがuzuraraちゃんのすごいところ
救急の時の病院の調べ方参考になりました、ありがとうね!
お返事*MIEUXへ
もう痙攣の度にドキっとするよー。
でも少しは慣れてきてだいぶ落ち着いて対処できるようにはなったけどね。
ほんと、健康であることが何よりよね!

いやいやそんなたいそうなコトではなくて、
たまたま知ったことだったし、
やっぱり親ならば安心したいじゃない?誰しも。
そんな裏技というか違いがあるのなら是非!
知っておいた方が何かと安心かなぁと思って。
多分公にされていないのは、それでどばーっといろんな人がかけつけても
対応しきれないからだと思うの。
仕方ないと言えばそうだけど、そういうの公開してもいいのになー、
と思うのはわたしだけ???

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。